ナルト 夢 小説 ランキング。 鳴門夢ランク

原作沿い★RANK

ナルト 夢 小説 ランキング

そんな中で大好きなサスケのため、絆を深めていったナルトのため、仲間のために強くなる決意をし、綱手に弟子入り。 だからその夢を叶えたいと思う。 実家には未だに、イタチのパズルと、イタチのハンカチが置いてある。 様々な事が重なり兄への復讐のために仲間達の制止を振り切り里を抜けます。 』とBL情報サイト『ちるちる』のユーザ109名を対象に行われたアンケートの結果が発表された。

次の

【人気投票 1〜44位】NARUTO

ナルト 夢 小説 ランキング

やがてナルトは沢山の仲間に囲まれ、周りから慕われる主人公へと成長を遂げます。 。 最初はカグヤに洗脳されてしまい、兄のハゴロモと対決をしましたが最終的には洗脳が解けて一致して母を 月に封印しました。 スポンサーリンク 2位 「大筒木ハゴロモ」忍の神と称され仙術をもマスターしている 忍の神と称され、六道仙人との名で呼ばれることも多い、 大筒木ハゴロモがナルト最強キャラランキングで2位にランクインしています。 1になるのはいったい誰?あなたの好きなNARUTOのキャラクターを教えてください! 許せサスケ また今度だ うちはサスケの兄にして暁のメンバーで、万華鏡写輪眼の使い手「うちはイタチ」。

次の

仛NARU柌仚儔儞僋仛

ナルト 夢 小説 ランキング

マダラがその強さを評価したのって、柱間以外にはガイくらいしかいないのではなかろうか。 忍と武が歩む道 NARUTO この物語は「NARUTO」のとあるキャラを「まじ恋」の世界に投入したらどうなるんだろう? という作者の痛い妄想により出来た二次創作です。 』 公式サイト: 公式Twitter:. 注目 一途な想いで強く成長! 鮮やかなピンク髪に宝石みたいなグリーンアイズで華やかな容姿でありながら、性格は意外にも逞しく気骨のある女性キャラクター。 深い愛と自己犠牲精神 エリート揃いのうちは一族の中でも群を抜いて優秀で、家族想いで弟想い。 強い愛があるが故に苦しみ運命に翻弄され、最終的には一番の友であるナルトと対決する事に。 スポンサーリンク 1位 「大筒木カグヤ」本作のラスボスで単独で敵う者はいない 堂々の1位、で圧倒的な実力を持っているのが「 大筒木カグヤ」です。

次の

ナルトに転生しちまった!?

ナルト 夢 小説 ランキング

」 「人外ものの中でも特に好きな作品。 7班のメンバーと初対面の時に、お前達の第一印象は嫌いだと言い放ったカカシが、最後の最後に今のお前達は大好きだに変わるまでの長い道筋とシチュエーションが感慨深いです。 大好きだった実の兄によって両親も、他のうちは一族の人達も全員自分を残し殺されてしまいます。 新しく生まれ変わった主人公。 「……さよなら、だ」 オリジナル主人公が原作キャラクターに憑依する作品です。

次の

スレナル大好き同盟

ナルト 夢 小説 ランキング

イかれた次元まで到達したマダラを八門遁甲最後の技で追い詰め、「体術において……オレの戦った者でお前の右に出る者は一人としておらん!!」と戦ったマダラに言わしめるほど。 それでも、努力を積み重ねることによって、最終的にはインドラよりも実力は勝っています。 2007年にシリーズ第1作目が発売され、2019年現在までに8作(スピンオフ含む)が刊行されている人気シリーズだ。 幼いころからチャクラの修行を行い、忍者アカデミーにスカウトされることになる。 スポンサーリンク 10位 「うちはオビト」万華鏡写輪眼を所持し物語のキーマン ナルトに登場するキャラクターの中で、最強ランキングで10位に輝いたのが「 うちはオビト」です。 原作者の岸本先生いわくほっそりした透明感のある美人キャラ。

次の

鳴門夢ランク

ナルト 夢 小説 ランキング

凄い生い立ちのキャラが多い中で、珍しく一般家庭出身。 どんなに絶望的な状況でもサスケを一途に想い、自分のためでなく仲間のために強くなっていくその姿に感動しましす。 「NARUTO」タグ関連作品 - ランキング 001. この実施に際して、『BookLive! 部下となった7班のメンバーが皆波乱万丈な状態の中で、ずっとナルト達を見守り、時には修行を見て、時には想いを代弁し、バラバラになっても気にかけ続けていました。 サスケの愛憎をにも、サスケの人生そのものにも欠かすことの出来ない特別なキャラです。 そういった状況に追い込まれたイタチは、多くの人の命、里、そして弟の命を守るために自分一人が悪者のとなり全ての罪を一人で背負いました。 総合電子書籍ストア『BookLive! 彼について語ることは多いが、ネタバレ不可避になるほど、物語に大きく関わっているキャラクターだ。 幼くして愛した人達、愛してくれた人達全てを失ったサスケは、兄への復讐を胸に誓います。

次の